ミタホームはじめての方へ賃貸物件不動産物件不動産活用リフォーム会社概要

アパート・賃貸リフォーム

リフォームの有効性

物件のメンテナンス・リフォームは、賃貸物件のオーナー様にとっても、避けて通れない道です。
しかし、「どのくらいの予算をかければ良いのか」「そもそも、どんなリフォームをすればいいのか」と、悩みは尽きないものです。
実際に、リフォーム以外の選択をした場合、どの様なことが考えられるでしょうか。

現状維持をすると… 結果 価値ダウン
  • 家賃を下げないと入居率が下がる
  • 家賃を下げてしまうと利益率が下がる
  • 利益率が下がると維持費に掛けられる額も下がる

物件の価値を更に下げるというスパイラルに陥ってしまいます。

建て替えをすると… 結果 コストパフォーマンス悪化
  • 現入居者に出ていってもらうのに時間とお金がかかる
  • 取り壊しのお金がかかる
  • 建物の固定資産税があがる
  • 建ぺい率や駐車場の問題で今より部屋数が減る場合もある

多くの費用がかかるだけではなく、減収の可能性もあり、コストパフォーマンスが良いとはいえません。

現状維持では物件の価値が下がり続けることを止められません。
建て替えは手間、収益を減らす可能性と、高額の出費という大きなリスクがあります。
「リフォーム」は、減益や高額の出費というリスクを押さえながら、物件の価値を復活させる唯一の手段なのです。

ミタホームのリフォーム

私たちミタホームは、賃貸経営において、オーナー様が長期的で安定した収益をあげるためのノウハウを蓄積してまいりました。
それは、長年の多方面にわたる不動産事業における経験から、物件の競争力を落とさないことが、アパート・貸家経営にとって最も重要であるという結論にたどり着いたためです。

「長期的な安定」という視点と、「資産価値を復活させるノウハウ」がミタリフォームの特徴であり、強みでもあります。
また、これが、オーナー様にミタリフォームを選んでいただく最大のメリットです。

物件の長期安定運用を考えたコストバランス

低価格でリフォームができることはその経費を家賃にあまり反映させずに済むということです。
家賃を維持したまま魅力的な居住環境を提供できることは年々増える新築物件との競争力を保つために重要なポイントとなります。
メリハリのあるコストと品質の関係をミタホームは追求しています。
輸入部材は中国、アメリカに現地法人を構え、大量購入し、コストを大幅に削減。
また、国産部材は部材の共通化、大量購入、更に部材の開発輸入により他社との差別化を図っています。