ミタホームはじめての方へ賃貸物件不動産物件不動産活用リフォーム会社概要

不動産活用のメリット

不動産投資は堅実な資産形成を可能にする、魅力的でローリスクな投資です。
私たちミタホームは、長年の実績から得たノウハウを結集した、MITA R.E.I.S.SYSTEM(ミタ・レイスシステム)により、アパート・貸家経営をめざす皆様をサポートいたします。

堅実に資産を増やすアパート・貸家経営

アパート・貸家経営の魅力は、長期的な可能性と、優れた堅実さにあります。

安定収入が得られる

安定収入

賃料収入は、短期的に大幅に変動することは珍しく金融商品(株式や為替)と比較して安定しています。
また、ローン支払いが終了した段階で担保のついてない不動産を取得することになります。
毎月の安定した収入とローン返済後に資産価値の高い不動産を取得することが可能です。

節税効果がある

節税効果あり!

賃料収入は、不動産取得として申告するわけですが、仮に不動産所得が赤字の場合給与所得と合算するため支払う税金が低くなります。
さらに、不動産所得には減価償却という必要経費が存在します。
減価償却とは、実際には支払われていないにも関わらず経費として計上できそれにより、手元に残る資金は多くなります。

生命保険の役割を果たす

生命保険の役割を果たす

ローンを利用した場合、原則として団体信用生命保険に加入しますので返済期間中に所有者が死亡した場合、保険でローンの残債が返済され、残されたご家族はローンを支払う必要がありません。
担保の付いていない不動産をご家族は取得することになります。

私的年金としての活用

私的年金活用OK!

老後も安定した賃料収入が見込まれる不動産投資は私的年金の役割も果たします。
受給が少なくなる事が予測される公的年金とは、別の賃料収入という私的年金を確保する事は、有意義であると考えられます。

操作可能

価値UPの操作可能

不動産投資の場合、株式や為替と異なり現物資産であるが故物件の価値を保つ、あるいは価値自体を上げるといった操作が可能です。
ご自身の判断で操作が可能な投資商品は、不動産投資だけといってもよいでしょう。

これだけは知っていただきたい「アパート経営のリスク」

一般的に、ローリスクの金融商品といえば、定期預貯金、国債などがあげられます。このような商品は、「元本割れ」する可能性が極めて低いことから、ローリスク金融商品といえます。
しかし、アパート経営には、空室が出る可能性がある以上、「元本割れ」するリスクが常に存在します。そこで、ミタホームでは、アパート経営はローリスクではなく、ミドルリスクであると位置づけています。


ミタホームが考える「アパート経営のリスク」とは

アパート・貸家経営は、物件が新しい間は物件自体の競争力が高いため、リスクは大きくない様に感じられます。
しかし、アパート経営を続けていき、物件が古くなると、そこには、大きなリスクが隠れているのです。

アパート経営のリスク

この様に、アパート経営は、元本割れをおこす可能性のある、リスクを伴う投資です。
私たちミタホームは、不動産投資は「元本われ」をおこす可能性を抱えた、リスクのある投資であると考えています。

ミタホームはノウハウを持っています

不動産投資に伴う「元本割れ」のリスクをコントロールするためには、ハイレベルなノウハウが必要です。
私たちミタホームでは、MITA R.E.I.S.SYSTEMという、アパート、貸家経営に関する一体的なソリューションをご提供しております。
このシステムは、約30年の賃貸経営で培ったノウハウを集積し、ミドルリスクを可能な限りローリスクに近づけるための数多くの工夫が凝らされています。

ミタホームが培ってきたノウハウと選ばれる理由は、こちらをご覧ください。
≫ミタホームが選ばれる理由